法律や税務などの専門家に 「顧問になってほしい」 というみんなの要望に応える顧問情報サイト
みんなの顧問とは?

税理士登録者数

現在の税理士登録者数

2018年9月末現在、全国の税理士登録者数は、7万7,701人です。もっとも税理士が多いのは東京で、22,823人。次いで近畿の1万4,790人、関東信越の7,354人となっています。

税理士法人では、全国の主たる事務所は3,837ヵ所。従たる事務所は、1,932ヵ所になります。主たる事務所とは、商業登記の法人の住所にあたるもので、いわゆる本店です。従たる事務所とは、主たる事務所に該当しない、支店のことをいいます。

主たる事務所がもっとも多いのは東京で、1,189ヵ所。次いで、近畿の650ヵ所、関東信越の390ヵ所となります。従たる事務所がもっとも多いのも東京で、413ヵ所。次いで、近畿の291ヵ所、関東信越の211ヵ所となります。

 

税理士登録者・税理士法人届出数
(平成30年9月末日現在)
会名登録者数主たる事務所従たる事務所
東京22,8231,189413
東京地方4,903201140
千葉県2,5049474
関東信越7,354390211
近畿13,790650291
北海道1,86014681
東北2,47512592
名古屋4,632274140
東海4,388209123
北陸1,4249147
中国3,11612881
四国1,6167946
九州北部3,253144117
南九州2,1419252
沖縄4222524
77,7013,8371,932

 

税理士試験結果(試験地別)

2017年度の税理士試験結果では、受験者数が32,974人であったのに対して合格者は795人、一部科目合格者数は5,839人でした。両方の合計は6,634人で、全国の合格率は20.1パーセントとなります。

もっとも受験者数が多かったのは東京で、14,508人。合格者数合計は3,000人でした。合格率は、20.7パーセントとなります。

次に受験者数が多かったのは大阪府で、4,185人。合格者数合計は902人でした。合格率は、21.6パーセントとなります。

もっとも合格率の高かったのは京都府で、23.5パーセント。受験者数は2,151人で、合格者数合計は506でした。

合格に地の利はほとんどないと断言できます。狭き門であるかもしれません。

 

平成29年度(第67回)税理士試験結果表(試験地別)
試験地受験者数合格者数一部科目
合格者数
合格者数合計
北海道82015117132
宮城県1,18212193205
埼玉県1,89448327375
東京都14,5084022,5983,000
石川県617898106
愛知県2,83263503566
大阪府4,185145757902
京都府2,15119487506
広島県94217160177
香川県82622133155
福岡県1,90030289319
熊本県77911117128
沖縄県33836063
合計32,9747955,8396,634
28年度35,5897564,8825,638

 

減少している受験者数

国税庁のホームページによると、税理士試験の受験申込者数は年々、減少傾向にあります。2017年は41,242人、2016年は44,044人、2015年は47,145人、2014年は49,876人、2013年は55,332人、2012年は58,453人。受験者数では、2017年は32,974人、2016年は35,589人、2015年は38,175人、2014年は41,031人、2013年は45,337人、2012年は48,123人でした。

近年の減少傾向は税理士だけではなく、弁護士や会計士の国家試験にでも起きています。理由は、仕業の数が増えすぎてしまったこと。つまりこれらの職業では資格を得ても、すぐに食べてはゆけなくなったのだと考えられます。経験を積み、たくさんの信用を得た税理士に生活の心配はありませんが、新人の税理士がすぐに独立し、生活を安定させるのが難しい時代になったのです。

年齢と学歴で見る試験結果

2017年度の税理士試験結果では、もっとも受験者が多いのが41歳以上の11,320人でした。合格率は、13.3パーセントです。合格率全国平均は20.1パーセントでしたので、あまり良い結果ではないかもしれません。

もっとも合格率が高かったのは、25歳以下の34.0パーセント。受験者数は、3,960人でした。

 

平成29年度 税理士試験結果表・年齢別
受験者数合格率
41歳以上11,32013.3
36から40歳5,79818.2
31から35歳6,27021.6
26から30歳5,62624.5
25歳以下3,96034

 

学歴別では、大学卒の受験者がもっとも多く、24,817人。合格率は、19.8パーセントでした。

大学在学中の受験者は980人で、合格率は29.7パーセントととても高いものです。

 

平成29年度 税理士試験結果表・学歴別
受験者数合格率
大学卒24,81719.8
大学在学中98029.7
短大・旧専卒96515.6
専門学校卒 3,13517.2
高校・旧中卒2,51121.4
その他56635

 

この記事を書いた人:茂田徹郎

1993年より、英ロンドンを拠点にヨーロッパの情勢をガイドブックに寄稿。1999年からは米サン・ノゼに駐在、十誌を越える雑誌に米国情勢のコラムやインタビューなどの記事を寄稿。現在は、東京を拠点とし、フリーランスライターとして活動中。著書に「PRISM事件 世界を監視するプログラムとスノーデンの告発」「グーグル非公式ガイド」がある。