その道の専門家 ・ スペシャリストに 「顧問になってほしい」 というみんなの要望に応える顧問情報サイト
みんなの顧問とは?

『コンサルタント顧問』について

士業(サムライ業)以外の専門家について、簡単にご説明いたします。

「○○コンサルタント」と呼ばれる、特定分野で高い専門的知識や経験と情報を持つ専門職のカテゴリがあります。一般的にコンサルタントという場合、大きく「経営コンサルタント」と「技術コンサルタント」に区分けされますが、ことばとしては幅広く使われるため、あまり聞き慣れないコンサルタント名もあります。また、さまざまな国家資格や民間資格を持つコンサルタントもいる一方で、資格を持たずに活躍されているコンサルタントも多数います。

コンサルタントはクライアントの抱える問題の解決に向けて助言をし、解決策を提示します。コンサルティングでは、プロジェクト単位での契約を結んで特定の成果を期待する場合もありますが、中長期的なコンサルティング契約や顧問契約を締結して、継続的に企業に助言を与えることも数多くあります。

コンサルタント顧問のメリット

  • コンサルタントまたはコンサルティング会社には業界内での成功ノウハウの蓄積があり、それらの資産を自社に活用することができます。

  • 時間をかければ自社内で解決できる課題でも、類例への対応実績が豊富なコンサルタントを活用することによって、より確実な課題解決と時間的なコスト削減をはかることができます。

  • ささいな疑問点だったとしても、気軽に問い合わせられる顧問がいれば、専門知識と経験に裏付けされた回答を得ることができます。大きく問題化する以前に、そもそもの問題の種を摘みとることが可能になれば、さらなる経営の効率化も期待できます。

  • 優良なコンサルタントとの継続的な関わりによるメリットも大きく、社内事情に精通した、真の事業戦略に最適化した社内提案も可能になります。組織における問題意識の共有や、組織の成功を目指す一体感も期待できます。

  • 中立的な視点から会社を見てもらうことができ、重要事項に対する冷静な判断への助けになります。

これは士業顧問についても同様ですが、仮にどんなに優秀な専門家だったとしても、自社内の事情をよく理解した上で助言をしてもらわなければ、顧問の本来の能力を十分発揮することはできません。したがって、自社の抱える問題を常に共有できるようなコンサルタントとの関係づくりがとても重要になります。