法律や税務などの専門家に 「顧問になってほしい」 というみんなの要望に応える顧問情報サイト
みんなの顧問とは?

【その他の国家資格】司法書士、弁理士、行政書士、中小企業診断士との契約(顧問契約)

その他の国家資格で顧問契約の多い資格は、不動産鑑定士、司法書士、弁理士、行政書士、中小企業診断士などがあります。

  • 専門家カテゴリから顧問を探す│弁理士

 

司法書士との契約(顧問契約)


司法書士の場合、税理士事務所と顧問契約を結んでいるケースがございます。あと、ベンチャー企業などがIPOを目指す段階で、様々な書類が必要になってきますので、顧問契約で様々対応しているケースもございます。また、司法書士事務所によっては個人向けのライトプランのような頻繁ではないが、個人の方が法律相談を受けたい場合などに相談する顧問を行っている事務所様もございます。

 

弁理士との契約(顧問契約)


知的財産(特許、商標、意匠)の分野はモノづくり関連の企業だけでなく、商品開発、デザイン会社やベンチャー企業などに関係してきますので、このような企業と顧問契約を結ばれている弁理士(特許事務所)がございます。

 

中小企業診断士、行政書士との契約(顧問契約)


中小企業診断士、行政書士などの方は特定の分野に精通しているなどのスペシャリストの方も多く、得意の分野でコンサルティング契約を結んでいるケースがございます。

 

不動産鑑定士との契約(顧問契約)


不動産鑑定士事務所が不動産鑑定士は不動産の専門家ですので、数はあまり、多くはないようですが、不動産関連の会社と顧問契約を結び賃料、ビル・マンションなどの管理などの相談を受け付けているケースがございます。