法律や税務などの専門家に 「顧問になってほしい」 というみんなの要望に応える顧問情報サイト
みんなの顧問とは?

利根川 竜一(ロイヤルナイト法律事務所)

03-3580-7110

(みんなの顧問を見たとお伝えください)

不動産業・建設業に携わる皆様のベストパートナーでありたい

私は、弁護士登録依頼、不動産関係法務、建築紛争、訴訟・交渉案件、中小企業の顧問業務等を中心に、リーガルサービスの提供を行っています。

こうした中で、特に、不動産の分野に関しては、土地・建物に関する権利関係の問題や、売買契約におけるトラブル、賃貸借契約における賃貸人・賃借人間の紛争など、非常にトラブルの多い分野であり、また、関係法令による規制も数多く存在するため、弁護士による助言や介入の必要性が高い分野であると感じています。

また、建築紛争の分野に関しても、分野としての専門性が高く、また、紛争が建築訴訟に発展した場合の戦略性が求められる分野であることから、弁護士が代理人として対応する必要性が高いと考えています。

そのため、私は、不動産仲介業者の方や不動産オーナーの方、不動産管理業者の方、建築施工業者の方など、不動産業・建築業に携わる皆様のお役に立ちたいと考えて、不動産問題・建築トラブルの業務分野に特に力を入れて取り組んでおります。

不動産オーナーの皆さん、賃貸トラブルのストレスから解放されませんか?

収益不動産を所有していると、日々、賃借人との関係での悩みを抱えることが多いかと思われます。

賃借人の家賃滞納、無断転貸等の契約違反に対する対応、賃料増額交渉、退去時の原状回復に関するトラブル、建物の建替え時の立ち退き交渉など、賃貸経営において、弁護士が必要な場面は数多く生じます。

こうした中で、身近に相談することのできる顧問弁護士がいることで、賃貸経営に関するトラブルが軽減され、また、より効率的で円滑な賃貸経営を実現することができます。

不動産オーナーの皆様の良き相談役として、賃貸経営を最大限サポートさせていただきます。

不動産仲介業者の皆さん、仲介取引のリスクを回避しませんか?

宅地建物取引業者の皆様は、不動産仲介取引において、不動産取引の専門家として、非常に高度の注意義務が課されています。

そのため、仲介取引において、調査義務・説明義務の違反が存在した場合、契約の当事者に対して損害賠償義務を負うというリスクがあります。特に、不動産売買の仲介では、不動産の価格が高額であるため、損害賠償額も高額となるおそれがあります。

これらのリスクを事前に回避するために、弁護士を有効活用してみませんか?

日常的に相談できる弁護士がいることで、取引の実行前に、法的リスクの有無や内容を確認することができるようになり、より慎重・安全に仲介取引に臨むことが可能になります。

建設業者の皆さん、工事代金のトラブルを防ぎませんか?

建設業を経営していると、発注者との間で、請負代金の支払いを巡り、トラブルになることが多々生じうるかと思われます。また、工事完成後に、発注者から工事の瑕疵(欠陥)などのクレームが入り、代金の支払いを拒否されたり、損害賠償を請求されたりすることもあるかと思われます。

顧問弁護士がいることで、こうしたトラブルを防止できる場合があります。

例えば、請負契約書のリーガルチェックを行い、自社にとって、よりリスクの少ない契約書を作成したり、また、取引先から瑕疵の主張がなされた場合に、訴訟になった場合の具体的な見通しを相談したりすることができます。

また、万が一、工事代金の支払い拒否が発生した場合には、即時に代理人就任を依頼することで、スムーズに任意交渉や法的手続きを進めることができます。

ご挨拶

新時代の弁護士として、新しいリーガルサービスの提供を目指します。

近年、弁護士業界を取り巻く状況は、刻々と変化しております。

こうした中で、私達弁護士は、今まで以上に、質の高いリーガルサービスを提供することが、社会から求められていると私は考えています。

そのため、私は、従来のように、受動的な姿勢で依頼者の方からの相談を待つのではなく、積極的に、依頼者の皆様にとって有益な情報を発信し、かつ、有意義なサービスをご提供していきたいと考えています。

また、依頼者の皆様のニーズにきめ細やかに対応するため、専門分野の知見を深め、依頼者の皆様の立場から見て、より利用しやすいサービスを作り、ご提供することを心がけております。

プロフェッショナルとしての誇りを持ち、皆様と4つのお約束をします。

私は、法律のプロフェッショナルとして、依頼者の皆様にご満足いただけるサービスをご提供するため、以下の4点をお約束いたします。

1 Speed ―迅速性・機動性を武器に業務に取り組みます

日々、刻々と変化する経済社会の中において、私達弁護士が提供するリーガルサービスについても、常に迅速な対応が求められております。

私は、依頼者の皆様からのお問い合わせに対しては、原則24時間以内に対応することを基本方針とし、フットワークの軽さを武器に業務に取り組んでおります。

2 Strategy -戦略性を踏まえたご提案をします

訴訟や交渉などの紛争案件においては、常に「相手方」が存在し、私達弁護士は、相手方との間で、主張・立証の攻防や交渉を行います。

また、契約書の作成や、日常的な法律相談においても、二当事者間の法律関係が問題になる場合には、潜在的には「相手方」が存在します。

こうした中で、私は、依頼者の皆様の利益の最大化のために、「相手方がどのようなことを考えて、この行動を起こしたのか」、「こちらのアクションに対して、相手方がどのように反応をするか」ということを考え、相手方の行動や心理を分析・予測し、長期的視点で戦略を立案し、事件方針・対応策をご提案させていただいております。

3 Specialist  -専門性の高いサービスをご提供します

依頼者の皆様のニーズが多様化・複雑化している現代において、新時代の弁護士として、一般的な法律知識は当然のこと、各分野に関する深い知識や経験が求められております。

私は、不動産問題・建築紛争の分野を中心に、法律の専門家として最良のサービスを提供するために、日々、高い意識をもって業務に取り組むとともに、更なるサービスの向上のため、日々研鑽に励んでおります。

4 Satisfaction -顧客満足度を第一に考えます

依頼者の皆様にとって満足度の高いリーガルサービスを提供するためには、一人一人の依頼者の皆様に真摯に向き合い、誠実な事件処理を行うことが必要となります。

私は、事件処理に際しては、依頼者の方がご納得されるまで案件の検討・協議を行い、依頼者の皆様の意向に沿った形で方針し、事件を解決に導くことを心がけております。

取扱分野

  • 不動産・建設業

不動産・建設業

  • 時間無制限で相談することができます。
  • 継続的にご相談をすることが可能になるため、中長期的な視点から、リスクヘッジを行うことができます。
  • 不動産売買契約書、不動産賃貸借契約書、建設工事請負契約書等の契約書について、契約締結前にリーガルチェックを行い、事前にリスクを把握し、軽減することができます。
  • 建物の明渡し、仲介手数料の請求、工事代金の回収など、個別の交渉・訴訟案件についても、通常よりも割引価格でご依頼することが可能となります。

専門家

  • 弁護士

弁護士 利根川 竜一

平成16年3月埼玉県立川越高等学校卒業
平成21年3月慶應義塾大学法学部法律学科卒業
平成23年3月中央大学法科大学院卒業
平成23年11月最高裁判所司法研修所入所(新65期)
平成24年12月弁護士登録
(所属弁護士会:第二東京弁護士会/登録番号:47325)
平成26年1月法律事務所あすか入所

 

平成28年1月ロイヤルナイト法律事務所入所

 

主力業務経験実績5年以上~10年未満
事務所ホームページhttps://www.tonegawa-law.com/

 

 

費用

詳細は弊所ホームページをご参照ください。

 

アクセス

  • JR線山手線
  • 東京メトロ銀座線
  • 都営地下鉄三田線
基本情報
事務所名ロイヤルナイト法律事務所
最寄駅都営地下鉄三田線 内幸町駅 徒歩3分
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 徒歩5分
JR線 新橋駅 徒歩6分
住所東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル503
営業日・営業時間平日10:00~18:30
電話番号03-3580-7110
(みんなの顧問を見たとお伝えください)
URLhttps://www.tonegawa-law.com/

2020年3月24日時点

相談したい分野から専門家を探す