法律や税務などの専門家に 「顧問になってほしい」 というみんなの要望に応える顧問情報サイト
みんなの顧問とは?

安沢 尚志(弁護士)ガイア総合法律事務所

03-5511-4555

(みんなの顧問を見たとお伝えください)

安沢 尚志(あんざわ たかし)

ガイア総合法律事務所は中小企業経営者,個人事業主の方のベストパートナーを目指します

この度は,弊所の紹介ページをご覧いただき誠にありがとうございます。

弊所は,クライアントの皆様のベストパートナーとなることを目指して日々研鑽を積んでおります。クライアントの皆さまが抱えていらっしゃる問題について,一緒になって徹底的に考え抜き,最善の解決に向けて全力でサポートさせていただくことをお約束いたします。

顧問弁護士を頼んでおくメリット

皆様は顧問弁護士にどういったイメージをお持ちでしょうか。昨今企業のコンプライアンス遵守の重要性が叫ばれるようになり,大企業だけでなく中小企業の中にも顧問弁護士を導入される企業が増えてきました。

しかし,顧問弁護士がどうして必要となるのか,顧問弁護士がいないとどういったリスクがあるのかについて,具体的イメージをお持ちの方は少ないのではないでしょうか。

そこで,企業を経営するうえで顧問弁護士が必要となる理由をご説明いたします。

1.法的トラブルを自社の方針に沿った形で早期に解決できる

企業は日常業務の中で,個人情報や企業秘密の漏洩問題,売掛金の回収問題,商品やサービスの納品場面でのトラブル,セクハラやパワハラ等の労働問題のような法的トラブルにみまわれるリスクを常に抱えています。

こういったトラブルが実際に発生したときに慌てて弁護士を探し始めても,自社に合う弁護士を見つけるまでにはすごく時間がかかります。また,運よく見つかってもすぐには対応してもらえないことも多々あります。そして,スポットでの依頼の場合,自社のビジネスモデルについて弁護士は全く把握していないため,すべて一から説明をしなければならなくなります。

顧問弁護士を雇うメリットの一つは,ある日突然こういった法的トラブルにみまわれたときに,迅速かつ早期に問題を解決してもらうことができることにあります。しかも継続的に相談している弁護士なので,当然自社のビジネスモデルを理解していますから,自社の方針に沿った解決方法を考えてもらうことが可能となります。

2.法的トラブルの発生を未然に防止できる

顧問弁護士が活躍する場面は法的トラブルが発生したときだけではありません。顧問弁護士が真価を発揮するのは,自社のビジネスモデルに内在する法的リスクを洗い出し,そのリスクをいかに未然に回避するかという予防法務と呼ばれる場面です。

ひとたび法的トラブルが発生すると,それに対応するため多大な時間と費用がかかることになり,場合によってはコンプライアンス違反を問われてしまい,刑事処分や行政処分を受けたり,社会的な信用を失い企業の業績が大幅に悪化してしまったりする危険性があります。

顧問弁護士に日常的に自社のビジネスモデルについて相談し,契約書や会員規約のチェック・就業規則や雇用契約書のチェック・新規事業の制度設計のリーガルチェック等をしておくことにより,潜在的なリスクをクリアし将来的に法的トラブルが発生することを回避することができるようになります。

中小企業や個人事業主こそ顧問弁護士が必要

顧問弁護士というと,社会的にも名の知られた大企業が万が一に備えて契約しておくものだと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし,中小企業や個人事業主のほうが大企業に比べて経営基盤が弱い分,法的トラブルが発生したときのダメージは大企業のそれを大きく上回ります。トラブルの種類によっては,企業の信用が失墜してしまい,最悪倒産してしまうこともあります。

そのため,中小企業や個人事業主こそ,法的トラブルに発展するリスクを事前に回避するために,顧問弁護士と密に連絡を取りながらコンプライアンス体制を構築して行くことが必要となるのです。

 

ご挨拶

安沢 尚志(あんざわ たかし)

ガイア総合法律事務所が大切にしていること

ガイア総合法律事務所では,開業以来,不動産業・建設業・製造業等の中小企業や個人事業主の方を中心に多数の依頼を受け,中小企業法務を提供させていただいてまいりました。弊所では以下のような理念のもとに顧問業務を遂行させていただいております。

1.クライアントの利益を最大化します

弊所では,いかに困難な事件であっても必ず解決し明るい未来を切り拓くことができると信じ,闘うべき時は一歩も引かず徹底して闘い,クライアントの利益の最大化を追求します。

2.ビジネスモデルを理解したうえでの予防法務

また,クライアントの皆様のご要望を叶えるために,クライアントのビジネスモデルを深く理解したうえで,法的な思考を駆使して予防法務に努めるとともに,最適な解決策をご提案することをお約束いたします。

3.時間やコスト管理の徹底

さらに,裁判に持ち込めば勝訴する可能性があったとしても,時間や費用も含めて考えると結果的に膨大なコストがかかることもあります。クライアントにとって貴重なリソースを割かなければならなくなってしまい,裁判に勝っても結果的に本業に支障をきたしてしまうことになっては本末転倒です。そういった場合,筋を通すべき事案でない限り,素早く和解交渉を行い,事件をソフトランディングさせることも,顧問弁護士の責務の一つであると考えています。

弊所の顧問契約のメリット

1.オーダーメイドの顧問契約

弊所でももちろん法律顧問契約の代表的プランを定めてはおります(詳細はお問合せいただくか,弊所のホームページをご確認ください)。

しかし,クライアントによって「契約書のチェックだけやってほしい」,「取引先との交渉窓口となってほしい」等ご要望は様々です。そのため,弊所では,クライアントのご要望に応じてオーダーメイドで顧問契約の内容を調整することが可能となっています。

2.各業界のビジネスモデルを踏まえてアドバイス

法的トラブルに対するベストな解決方法は,クライアントがどういったビジネスを展開しているのかによって全く異なります。そのため,顧問先企業の業界に深く精通した弁護士が,御社のビジネスモデルを踏まえたうえで最適な解決策をアドバイスいたします。

3.企業法務の経験が豊富な弁護士が担当します

弊所の代表弁護士である安沢尚志は,これまで数多くの中小企業から,労務問題,債権回収問題,契約書や会員規約のリーガルチェック等の企業法務に関するご相談を受けてまいりました。

そこで培われた経験を活かすとともに,慢心することなく企業法務に取り組み,経営者の方に安心して本業に取り組んでいただけるよう努めます。

4.時間やコスト管理を徹底いたします

経営者の方にとって,時間とコストの管理は非常に重要であると考えておりますので,依頼を受けるにあたって分かりやすい説明と明確な弁護士費用のご提示をさせていただきます。また,問題解決までのスケジュールの見通しをお伝えするとともに,事件の進捗状況について密に連絡を取りご報告することをお約束いたします。

経営判断が法律的に正しいか否かについて事前によく検討し早めに対処しておけば,ほとんどのトラブルは防げるものです。少しでも気になることがあれば,早めにご相談いただければと存じます。今後も新しい分野に果敢に挑戦し続け,より一層充実したリーガルサービスをご提供できるように研鑽を積んでまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

取扱業務

  • 建設業
  • 不動産業
  • 製造業
  • IT企業
  • 飲食料品卸売業

いつ降りかかるかわからない法的トラブルに備えて

当事務所の場合、事件のご依頼を受けてから顧問契約を締結させていただくことやご紹介による場合が多く、長期間ご契約をいただいている顧問先様が多いのが特徴です。

顧問料の範囲内での無料法律相談,契約書や会員規約のリーガルチェック等を行っています。詳細はホームページをご覧いただければと存じます。

各顧問先企業の要望に応じて,顧問契約の内容はオーダーメイドで調整できます。

 

専門家

  • 弁護士

安沢 尚志(あんざわ たかし)

安沢 尚志

所属・登録番号:東京弁護士会所属(登録番号:50049)

麻布高等学校 卒業
中央大学法学部法律学科卒業
慶應義塾大学法科大学院卒業
2014年弁護士登録(66期)
都内法律事務所勤務
ガイア総合法律事務所開設

趣味:旅行,映画鑑賞,サイクリング等

主力業務経験実績5年以上
事務所ホームページhttps://www.gaia-law-office.jp/

 

費用

費用は弊所ホームページをご参照ください。

 

アクセス

基本情報
事務所名弁護士法人ガイア総合法律事務所
最寄駅新橋駅,内幸町駅
住所東京都港区新橋3-2-3千代川ビル6階
営業日・営業時間平日10時~18時(事前に予約いただければ,その他の時間でも対応可能です)
代表弁護士 安沢尚志
電話番号03-5511-4555
URLhttps://www.gaia-law-office.jp/

2022年4月11日時点

相談したい分野から専門家を探す